Language

岡本屋地獄蒸しプリン

マグマの織りなす世界を歩くWalking

江戸時代から続く明礬採取の史跡名所、明礬温泉。
遊歩道ではその息吹を身近に感じることができます。
明礬独特の硫黄の匂いの中、立ち並ぶ湯の花小屋の間をぬって
絶景を眺めながらゆったりと散歩をお楽しみください。

ご利用料金/200円(明礬地獄入場料)
定休日/無休
営業時間/8:30~17:30

JIGOKU(明礬地獄)

明礬地獄 遊歩道

蒸気が噴出するこの一帯は1666年(寛文6年)に、我が国で初めて明礬を採取し始めた史跡名所です。
1804年(文化元年)岡本屋の祖(岩瀬正網)が山奉行として着任。
明治維新により岩瀬家に払い下げとなって以来、連綿と「湯の花」の採取が行われている地です。

別府明礬地獄遊歩道

伝統と文化の技明礬地獄 湯の花湯の花は、湯の花小屋とよばれる藁葺きの小屋の中で作られます。湯の花は小屋の土間に明礬温泉特有の温泉成分を多量に含んだ青粘土を敷き詰め、地中から噴出する熱蒸気が浸透して結晶するもので、純度100%の天然入浴剤です。『別府・湯の花』の製造技術が平成18年3月、国指定・重要無形民俗文化財に指定されました。なぜ藁葺きの小屋かといいますと、これは、小屋の中の温度、湿度を一定に保つためです。この製法は江戸時代から受け継がれています。

藁葺き屋根の 湯の花小屋

藁葺き屋根の 湯の花小屋

薬用 湯の花

効能   神経痛、リウマチ、関節炎、肩こり、腰痛、うちみ、くじき、冷え症、痔疾、水虫、あせも、しっしん、しもやけ、ただれ
使用方法   (1) ご家庭のお風呂に入浴剤1パックを湯の中に入れ、数回ゆり動かして溶かして下さい。パックの中には不純物が残ります。
(2) お湯を入れた洗面器、バケツにパックを破り、湯の花をひとつまみ入れ、溶かします。患部に数回塗って頂くとより効果的です。洗い流さないで下さい。濃度は様子を見ながら、ご自身に合った濃さでお使い下さい。 また足湯にも御利用できます。

※直射日光、湿気をさけていただきますと長期保存ができます。
御注意:明礬泉ですから、金属部分にサビが出たり、浴槽に色がついたり、目地が変色したりすることがあります。
御入浴後直ちにお湯を落とし浴槽をよく洗って下さい。
誠に申し訳ありませんが、変色、不都合が生じましても責任を負いかねますのでご了承下さい。

地獄蒸しプリン・薬用 湯の花はネットよりご購入頂けます

地獄蒸しプリン明礬の湯の花販売はこちら